« 自分たちのシステムは自分たちで作ろう! 第1回 | トップページ

2018年8月28日 (火)

自分たちのシステムは自分たちで作ろう! 第2回

第2回 黎明期の人たちが作ったシステムの問題点

 3.黎明期の人たちが作ったシステムの問題点

 a.パッケージシステムをすべてのシステムに適用しようとするときの問題点

 さて、黎明期の人たちが考案したシステムは、基本的に大企業を相手にしたものである。

 それを中小企業までに展開しようとすると論理の展開が違っていて、大幅な修正が必要となる。

 プログラムを書くときの限界は小説家の限界と似ている。

 すべてを覚えて、矛盾なきように書かなければならない。

 覚えきれなくなるとバグが大量に発生する。それがシステム屋の3Kに繋がる。

 少し詳しく書いて見たい。

 b.よく見る形の論理構造

 ―DeMarcoの著”構造化分析とシステム仕様”を参考にする。

 システムのインタビューをしてみると、おそらくまず、これを行い、次にこれを行い、次にこうするというような話で始まる。

 たとえば、生産管理で話すと、

 最初に受注が来て、それに従って製造指示分と発注分に分け、それぞれ指示書、注文書を発行する。そして発注分を入荷して、製造し、出荷するという。

 受注 → 製造指示 →  発注 → 入荷 → 製造実施 → 出荷

という調子である。

 ところが、実際はそうではないことが多い。

 受注数に従ってそのまま製造指示数、発注数にならないことが多いのである。

 そうすると余剰のものを管理する必要が出てくる。

 時間軸を持った在庫管理が必要になるのである。

 そのような場合、次のような論理構造になる。

 受注が来て、それに従って出荷指示を作成する。出荷指示は出荷の予定となる。

 出荷予定日が来たら、出荷をする。

 製造は、受注、内示、社内の計画によって計画が作られる。

 製造計画が作られたら、それを実現するため発注すべき数量、納期が決まる。

 今度は発注をして、入荷指示を作成し、入荷の予定を決める。

 こんな調子である。

 受注 → 出荷指示 → 出荷実施

 製造計画 → 製造指示 → 製造実施

 発注計画 → 入荷指示 → 入荷実施

 上記を合わせて受払予定(入出庫予定)を作り、指示数を決める根拠とする。

 つまり、大量生産で仕事が単純化できるようになってくると、シリアルで仕事が流れるように説明できるようになるし、実際にそうなってくる。そうしないと効率が上がらないし、同じような仕事をするライバルに負けるからである。

 ところが、すべて単純化できるかというとそうではない。大企業なら、比較的可能であるのだが、下請などでは、すべての顧客に適用しようとすると無理が出てくる。

 世に出ているパッケージシステムは、基本的に大企業向けである。通常、この大企業向けに作ったシステムの情報を別の形でつなげるようにして、色々なニーズに対応するということが今の主流のシステム開発である。

 しかし、中小企業の仕事をこの考えで実施すると、無理が出てくることが多い。

 c.システムの開発の限界点

 ここで少しシステム開発が進まなく理由が考えてみたい。

 よく小説家が”小説家の仕事は体力勝負だ”と言っていることを耳にする。

 すべての登場人物の行動を記憶しておき、ストーリを展開させるからだと思う。

 システム開発も同様のことが起きると考えている。

 通常、情報と情報のつなぎ方はこうなっているのだが、違う場合が存在する。違う場合をすべて排除することは無理であるが、それでもシステム製作者の悩ませる。あまりに情報と情報のつなぎ方が多くなると、覚えきれなくなる。その時の知的体力の限界が来る。筆者の体験では脳が沸騰してくるようになって脂汗が出てくる。血圧はとてつもなく上昇し、続けると肉体の破綻を感じさせるようになる。

 知的体力の限界がシステム開発の限界だと筆者は感じている。

 お金持ちの企業には無理矢理を続けさせる力がある。それを続けていくと開発者の知的体力の限界を超え、先へ進めなくなる。さらにその開発者がやめてしまうと誰もそのシステムのメインテナンスができなくなる。

 やめる前の現象としては、バグが多く発生する、修正にやたら時間がかかるという症状が出てくる。

 d.黎明期の人たちが作ったシステムの問題点

 パッケージで合わないところが必ずと言っていいほど存在する。

 それを無理矢理修正していくと、破綻が生じる危険が出てくる。

 絶対にシステム開発の破綻が起きるかというとそうではないかもしれないが、少なくとも破綻している現象はよく見ることである。

« 自分たちのシステムは自分たちで作ろう! 第1回 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分たちのシステムは自分たちで作ろう! 第1回 | トップページ

無料ブログはココログ